カートを見る ポイント会員ログインと登録 ご利用案内 お問い合わせ お客様の声 名入れカレンダー2018エスピーオカベ
名入れ文字カレンダー名入れ絵入り文字カレンダー名入れ日本の風景カレンダー名入れ世界の風景カレンダー
名入れ花と植物カレンダー名入れ癒しと環境のカレンダー名入れ国内作家のアートカレンダー名入れ海外作家アートカレンダー
名入れ運勢カレンダー名入れ健康と生活のカレンダー名入れ動物たちのカレンダー名入れ乗り物とスポーツのカレンダー
名入れ子供向けカレンダー名入れタレント・女優カレンダー名入れ卓上カレンダー名入れカレンダー用ギフトボックス
名入れカレンダー2018について
名入れカレンダー書体サンプル集

うちわ塾

三大うちわ



日本の「三大有名うちわ」とは!?

●京団扇(都うちわ
京うちわは「都うちわ」とも呼ばれ、宮廷でも用いられた極めて優美なものです。”差し柄”と呼ばれる製法は、地紙面と把手(とって)を別に作る方法で、京うちわの大きな特徴になっています。京うちわの構造は朝鮮うちわの流れを汲むもので、沢山の竹製の細い骨によって地紙が支えられています。

●讃岐うちわ(丸亀うちわ
金毘羅参拝の土産物として名高い丸金 印入りの渋うちわが丸亀で作られ、また、天明年間(1781~1789年)には、丸亀藩江戸詰大目付瀬山登が丸亀藩の下級武士の内職として大いに奨励したことが、丸亀におけるうちわ作りの基礎となったとされている。丸亀におけるうちわの生産は、全国のうちわ生産量の約90(特徴等)%を占めている。

丸亀うちわの特徴は、柄と骨が一本の竹で作られているものが多いことで、また、古くから「伊予竹に 土佐紙貼りて あわ(阿波)ぐれば 讃岐うちわで 至極(四国)涼しい」と謡われているように讃岐の特産として名を馳せているところである。

房州うちわ
持つ所が丸い竹でできているうちわを「房州うちわ」と言います。その多くは、舟形と那古で生産され、明治23年、那古に住む忍足信太郎さんが「割ぎ竹(さぎだけ)」の加工を内職として手がけたのが房州でのうちわづくりの始まりです。それまでは、丸竹のままうちわの材料として東京の問屋に出荷されていました。明治30年になって、同じ町に住む岩城庄吉さんが本格的に「割ぎ竹」の加工を始め、大量の加工品を出荷するようになり、大正の初めには「マド」と呼ばれるうちわの骨づくりまでの加工が出来るようになりました。

名入れカレンダーお支払方法
名入れカレンダーFAX注文

迷子メール

ご注文やお問い合わせの際に、お客様にご記入いただきましたメールアドレスが間違っているケース、PCからの受け取り拒否などがございます。もし、当日中に当店からの「確認メール(自動送信)」が届かない場合は、下記までご連絡くださいますようお願い申し上げます。

E-mail : shopmaster@okabe.ne.jp

ショップの営業予定
  • 今日
  • 定休日(発送休み)
  • 臨時休業(発送休み)

●ご注文は24時間・365日受付ております。(メンテナンス日を除く)

ページトップへ